2020年10月の清音

立冬を迎え、いよいよ寒い季節となり山々の紅葉も見ごろになってきました。
清音では運動会を行いました。体操をした後は、2名の方に選手宣誓をしていただき、玉入れやパン食い競争を行いました。
人数調整&盛り上げのためにスタッフも参加しましたが、スタッフのパンは釣り竿にぶら下がっており、なかなか取ることができませんでした(;^_^A
また、今年はスタッフ競技としてパンツ履き競争(10枚)も行い、入居者の方にたくさん笑っていただき楽しい運動会となりました。

その他、日常の様子として家事やリハビリ、習字や花壇の手入れ、誕生会の様子です。
近隣の方から枝豆をいただき、皆で食べたり、屋外歩行訓練の際にも声をかけられ、干し柿をいただくこともありました。

2020年9月の清音

早いもので、令和2年も残すところ2か月半となりました。
朝晩は寒くなってきましたが、日中は日差しの強さが残っています。
9月の清音からのお知らせですが、15日よりビニールカーテン越しにはなりますが、面会ができるようにしております。時間も15分間程度と短いですが、入居されている方はご家族の方と会えることを心待ちにされています。
面会は予約制としておりますので、事前のご連絡をお願いいたします。

9月は大きな行事として『敬老会』がありました。
喜寿、米寿、最高齢の表彰と全入居者のみなさんに記念品をお渡ししました。
本来であれば、3月に予定していた家族交流会で上映するつもりだった、スタッフお手製のスライドショーを皆で視聴しました。
色々なところへ出かけたり、たくさんのボランティアさんや地域の方、ご家族とのつながりを感じつつ、入居されているみなさんの良い表情がスタッフの励みになっていることが実感できました。

その他、日常のようすです。

相生市のチキンショップ鳥和さんが毎週木曜日にパンやお惣菜の移動販売に来てくださいます。

誕生日でのリクエストを受けて、皆でステーキを焼いて食べました。

相生ラヴィーナの協力により、スイーツバイキングを実施しました。
みなさんとても喜んでくださり、あっという間になくなってしまいました。

2020年8月の清音

8月は大きな行事として納涼祭を行いました。
例年であれば地域の方やご家族の協力のもと行っているのですが、今年は新型コロナウイルス対策の一環で入居者とスタッフとの行事となりました。
思い思いに和太鼓を叩いていただいたり、景品付き的当て、ヨーヨー釣りを楽しんでいただき、焼きそばやアイスクリームを召し上がっていただきました。
笑いがたくさん起き皆さんに楽しんでいただけました。

うどん作りのようす…
兼ねてよりスタッフと企画していたうどん作りを行い、3時のおやつとして皆さんに召し上がっていただきました。
皆さんの中にも昔作ったことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は運動を兼ねて足でこねた場合と手でこねた場合の2パターン行いました。
どちらがコシがあって美味しかったか…と甲乙つけ難くどちらも美味しかったと喜ばれていました。

その他、日常のようすです。
消防避難訓練や家事活動、誕生日会のようすです。
大好きな訪問歯科の先生と一緒に記念撮影も行いました。

2020年7月の清音

本格的な夏を迎えました。皆さまには、平素よりグループホーム清音の運営にご理解とご協力をいただき誠にありがとうございます。
また、新型コロナウイルスの感染予防およびまん延予防について、面会の自粛などにご協力をいただき厚く御礼申し上げます。
7月より順次面会を再開していたところですが、昨今の周辺地域の感染拡大状況に配慮して再度面会を中止させていただくことになりました。
※電話の取次ぎやオンライン面会につきましては、スタッフまでお申し付けください。

さて、7月の皆さんのご様子ですが…まずは、七夕行事を行いました。
短冊に願いを込めつつ、お昼にはそうめん流しも行いました。当日は生憎の雨天で中止にするべきか考えましたが、新型コロナウイルスの影響で何もかも中止になっている状況でしたので、なんとか実施できないか話し合いを行い、タープテントを設営して出入りする場所には雨水が落ちないように工夫をして実施することができました。
皆さんお腹いっぱいに召し上がっていただき満足なご様子でした。

毎年恒例、土用の丑の日には『う』の付く食べ物で暑い夏を乗り切ろうということで、国産ウナギで舌鼓を打ちスタミナをつけていただきました。

そのほか、日常のひとコマをご紹介します♪

サービス改善アンケート調査の結果

ご家族の皆さま、清音のサービス改善のためのアンケート調査にご協力をいただきましてありがとうございました。
皆さまからの貴重なご意見を参考にしながら、より一層のサービスの向上のため、スタッフの教育に活用させていただきます。

2020年6月の清音

7月より、一部制限を設けながら面会をしていただけるようになっています。
詳細はご家族宛に文書をお送りしますのでご確認ください。
サービス改善のためのアンケート結果を掲載しますので併せてご覧いただけると幸いです。

緊急事態宣言が解除になり、人の往来が無い内を狙って加西フラワーセンターへお出かけしてきました。
三密を避け、マスクの着用&手指消毒を行いながらのお出かけでしたが、再開直後でお客さんもほとんどおらず、きれいなバラや花の数々に感動しながら散策できて良かったです。
よく歩き疲れましたね~

月の後半にはバーベキュー大会!
美味しいお肉をお肉屋さんに特注して皆さんに堪能していただきました。
冷えたビールを飲みながら炭火で焼いたお肉をお腹いっぱいに食べて満足していただきました。

日常のひとコマとして、リハビリ・お菓子作り・歩行訓練を兼ねた近隣の散歩・家事等のようすです。

2020年5月の清音

5月末をもって緊急事態宣言が解除になりましたが、引き続き感染防止対策を厳重に徹底するよう兵庫県と上郡町から要請されております。
清音においても、引き続きご家族の面会を緊急の場合を除くご遠慮いただきますようご協力をお願い申し上げます。
マスクの着用、手洗い、手指消毒、1日2回の手すりやドアノブ等の消毒、スタッフの出勤前の検温を行い、感染対策を継続しています。
入居者のみなさまも元気にご家族と会える日を心待ちにされています。

5月は同じ年の同じ日に生まれた方の誕生会が各ユニットでありました。
大好きないちご大福を手作りして皆でお祝い♬
担当スタッフも事前に自宅で作る練習をしてみなさんとても喜んでくださいました。

清音の畑では玉ねぎやいちごが収穫でき、夏野菜も植えました。
「いちご食べに行かんか~♪」とお互い誘い合いながら今年はたくさん採れました。

天気の良い日は外で体操をしたりお茶をしたり歩行訓練に出かけたり…洗濯もよく乾きホカホカであったかいですよねぇ(*´▽`*)
5月もお菓子作りやレクリエーションを楽しみリハビリも頑張りました。

2020年4月の清音

色々な花が咲き乱れる気候の良い春を本格的に迎えておりますが、さまざまな催しが新型コロナウイルスの影響で中止になっていますね。
清音に住んでおられる方も家族と会えない日々が続いており皆さん寂しそうです。
少しでも楽しんでイキイキと過ごしていただけるようにスタッフも工夫を重ねて支援を行っています。

桜の時期には、お弁当を食べて上郡町内の桜の名所をドライブしてきました。
寒い季節が終わり、お出かけが楽しい時期になってきました。

お茶会と称し、外でお団子を食べたり♬ 桜餅を食べたり♬
「気持ちがええなぁ~ 私たちにはまだちょっと寒いわ」と人それぞれに季節を肌で感じながら春の歌を唄いました。

4月から、新たな協力医療機関として『さくらファミリー歯科』の訪問歯科診療が始まることになりました。
無料歯科検診を行い、希望者に合わせて治療が開始されています。入れ歯の修理・調整、抜歯、レントゲン撮影等なんでもできるようで、何より先生がめちゃくちゃ優しい方で治療後は握手を交わし褒めてくださり、利用者さんも思わず笑顔が出ていました。
認知症の症状や身体的理由により、口腔ケアや受診が困難な方が安心できる場所で専門の治療や助言が受けられることになりました。
当方のスタッフも口腔ケアの相談や知識・技術を深めれるよう今後に期待しています。

その他にもレクリエーションや生活リハビリとしての『野菜の皮むき』『調理』『盛り付け』『洗い物』『洗濯干し』や『お菓子作り』等々…みなさんさまざまな役割を持ちながら生活されています。

2020年3月

3月は新型コロナウイルスの影響でボランティアさんの来所をお断りしたり、家族交流会が中止になる等、外部との接触を避けて生活することになりました。
少しでもみなさんに楽しんでいただけるようスタッフも工夫しながら支援にあたってくれました。
ひなまつり行事でケーキ作りをしたり、3月生まれの方も多く、たくさんケーキを食べました…気づけばほとんど毎週(*´▽`*)

おまけに…すき焼き、豪華海鮮(お好みに合わせて刺身で食べたり海鮮丼にしたり)で美味しい物づくし♬

もちろん食べた分は運動&リハビリも頑張っています。

2020年2月

2月は節分のイベントとして、皆で巻き寿司を手作りして丸かじりしました。
鬼の面や飾りを作ってゲーム形式で節分行事を楽しみました。

ある日の夕食後…実際の時間帯を使って夜間想定消防避難訓練を行いました。
夜間はそれぞれのユニットにスタッフ1名ずつの配置となるため、合計2名で初期消火~消防署への通報~避難誘導を行います。
非常ベルの音にみなさん驚きましたが、スタッフの指示を聞きながら避難されました。

利用者からの要望&スタッフからの提案でお寿司屋さんに来ていただき、ユニットのキッチンを使って目の前でお寿司を握ってもらいました。
目の前で握る本格的な雰囲気のおかげでみなさん食が進む(*´▽`*)
お寿司屋さんも「今までで一番食べてもらえた」と喜んで帰られました。

ボランティアの方々のおかげで、みなさん楽しみを持ちながら生活することができています。こちらは2月の活動のようすです。

コラージュ療法

ハーモニー

ちりめん細工

囲碁ボランティア

手芸