2020年12月のようす

今年の年始は、今もなお猛威が衰えない新型コロナウイルスの感染拡大により例年にはない静かな幕開けとなりましたが、ブログをご覧の皆さまにおかれましては、良い年始をお迎えになられましたでしょうか。
さて、ほうらいの里デイサービスセンターにおいては、年始以降、利用者さんそれぞれの年末年始の過ごし方をお伺いするにあたり、多くの方々からご自宅でごく身近な親族の方とともに静かな年始を迎えられた旨をお聞きしました。
現在においても、感染者が後を絶たない新型コロナウイルスの今後の推移についても予断を許さない状況が続いています。
当センターにおいても、引き続き職員個々の健康管理をはじめ、利用者さんを万全の態勢でお迎えするためのアルコール消毒等をはじめとした環境整備や検温の実施、ご家族様への情報の聞き取り等を継続させていただきます。

さて、12月のようすですが、クリスマスということで毎年恒例のサンタクロースの来訪がありました。
一方、同じく恒例の餅つきについては、現在の世間の情勢等にも考慮した上で中止させていただく運びとしました。
このように、例年とは違い少々物足りない年末になってしまいましたが、そんな中ながら利用者さんお一人おひとりにおかれましては、しばしの間『ホッ』とひと息ついていただける機会となっていればと思います。

【クリスマス】
今年もサンタクロースがやって来ました!
「メリークリスマース!」のかけ声とともに、利用者さんお一人おひとりにプレゼントをお渡ししました。

【コロコロひも巻き】
手のひらサイズのボールに付いた長いひもを、くるくる!コロコロ!と回してボールに巻き付けていくというゲーム。
手先の運動も兼ねて皆さん手早く巻いておられました。

【お菓子作り】
今回は、一般型と地域密着型どちらともにクリスマスケーキを作りました。
自分好みにクリームやフルーツの量が調整できるだけあって、皆さんワイワイと談笑されながら桃やさくらんぼ、みかんなどのフルーツを見栄えよく飾り付けておられました。

【お誕生日おめでとうございます】
12月にお誕生日を迎えられた皆さんです。
どなたも非常に良い表情をされています。これからもどうぞお元気で!

【地域密着型での取り組み】
クリスマスの月ということもあり、皆さんご協力のもとツリーの飾り付けに取り組んでいただきました。
飾り付けの後には記念撮影。皆さんの表情に優しさが感じられます。