2020年7月のようす

今年の梅雨は非常に長く、やっと梅雨が明けたと思ったら連日の猛暑…という事で、今年も厳しい夏になっている今日この頃、ブログをご覧の皆さまにおかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
さて、7月のほうらいの里デイサービスセンターでは、七夕の飾り付けをさせていただきました。地域の方から分けていただいた笹に利用者さんそれぞれに思い思いの願い事をしたためていただきました。
いくつかのものを拝見させていただきますと、「元気で過ごせますように」「家族みんなの健康」「孫の成長、嬉しいな」等の言葉が見られました。
こういった願い事を拝見すると、利用者さんお一人おひとりのその人となりや心の優しさ、周囲の方への気配り等が感じられ、私たち職員も心を癒される気持ちとなります。
この他にもこの7月は色々とありました。 以下にいくつか紹介させていただきます。

【七夕飾り】  
短冊にしたためた願い事を自らの手で笹に結わえ付けて…皆さんの願いが叶いますように。

【ゴールに向かっていざキック!
目の前のゴールに向かって思いっきりキック!上手く入ればいいけど、ゴールの中央にはゴールキーパーが!?

【高得点に向かってポイッ!】  
床に置かれたいくつもの得点に向かってお手玉をポイッ!高得点のものほど的が小さくて狙うのも一苦労。

【ハーモニーさん】
久方ぶりにハーモニーさんに来ていただきました。美しいソプラノの歌声に会場はうっとり。

【お菓子作り】
今月は、一般型では『白玉小豆』を、地域密着型では『水饅頭』を調理しました。皆さんどなたも慣れた手つきで生地をこねたり盛り付けたりしておられました。

【畑で野菜の収穫】  
今月も立派なキュウリが収穫出来ました。

【地域密着型での取り組み】
今月も脳トレからリハビリ、各種レクリエーション等の取り組みをさせていただきました。皆さんどなたもとてもよい表情をされておられます。